メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ITなるほドリ

アプリ市場の規模は?=回答・尾村洋介

 なるほドリ スマートフォン(スマホ)のアプリというと、一昔前はゲームやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)というイメージが強かったけれど、最近はニュースやエンタメから語学の勉強、電車の乗り換え案内など生活支援系まで、ずいぶん幅広く使われるようになっているんだね。

 記者 スマホの浸透が大きいのです。コンビニ「セブン-イレブン」やカジュアル衣料品ブランド「GU(ジーユー)」など、小売店も積極的に活用しています。消費者と接点を持つ企業ならアプリでのサービス提供は、ぜひ考えたいところでしょう。スマホのディスプレーにアイコンを置き、ワンタッチで起動して通勤・通学などの移動中や仕事の合間の休憩時間にも利用できるアプリは、現代人のライフスタイルと、とても相性がいいのです。ウェブ上でも同様のサービスは提供できるのですが、スマホとの相性の良さはアプリの方が上です。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 埼玉で電車に飛び込み、男性が死亡 2人がホーム上で巻き込まれたか
  5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです