メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ITなるほドリ

アプリ市場の規模は?=回答・尾村洋介

 なるほドリ スマートフォン(スマホ)のアプリというと、一昔前はゲームやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)というイメージが強かったけれど、最近はニュースやエンタメから語学の勉強、電車の乗り換え案内など生活支援系まで、ずいぶん幅広く使われるようになっているんだね。

 記者 スマホの浸透が大きいのです。コンビニ「セブン-イレブン」やカジュアル衣料品ブランド「GU(ジーユー)」など、小売店も積極的に活用しています。消費者と接点を持つ企業ならアプリでのサービス提供は、ぜひ考えたいところでしょう。スマホのディスプレーにアイコンを置き、ワンタッチで起動して通勤・通学などの移動中や仕事の合間の休憩時間にも利用できるアプリは、現代人のライフスタイルと、とても相性がいいのです。ウェブ上でも同様のサービスは提供できるのですが、スマホとの相性の良さはアプリの方が上です。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです