メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

会話プログラムで学習支援 仙台市・適応指導教室などで試行

タブレットでチャットボットのパルと会話する男子生徒=仙台市内で2018年9月18日

 発達障害や不登校の児童・生徒に対して、一人一人の必要に応じた学習機会を提供することが求められている。特に小中学校段階で必要な学習内容が抜け落ちてしまうと、上の学年の通常授業で穴埋めすることは難しい。デジタル教材を使って学習を補い、規則正しい生活を送れるよう支援している仙台市の試みを紹介する。

 ●「朝ご飯食べた?」

 「今日は誰かにあいさつした?」。タブレット型端末を立ち上げると、画面上で会話のやりとりをするチャットボットと呼ばれるプログラムである「パル」のメッセージが画面に表示される。回答は生徒が答えやすいように選択式。この質問に対しては、「家族」「友達・先生」などから選ぶ仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです