メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

会話プログラムで学習支援 仙台市・適応指導教室などで試行

タブレットでチャットボットのパルと会話する男子生徒=仙台市内で2018年9月18日

 発達障害や不登校の児童・生徒に対して、一人一人の必要に応じた学習機会を提供することが求められている。特に小中学校段階で必要な学習内容が抜け落ちてしまうと、上の学年の通常授業で穴埋めすることは難しい。デジタル教材を使って学習を補い、規則正しい生活を送れるよう支援している仙台市の試みを紹介する。

 ●「朝ご飯食べた?」

 「今日は誰かにあいさつした?」。タブレット型端末を立ち上げると、画面上で会話のやりとりをするチャッ…

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです