メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

日本代表 森保流、心遣いと挑戦

コスタリカ戦の前日練習で笑顔を見せるサッカー日本代表の森保一監督(左から3人目)=猪飼健史撮影

 サッカーの日本代表が森保一監督(50)の下で新たに歩み出した。初陣となった今月の国際親善試合は、7日のチリ戦(札幌ドーム)が北海道の地震の影響で中止となったが、11日のコスタリカ戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)は3-0の快勝で上々のスタートを切った。マネジメントや人柄から垣間見えた「森保流」と、今後目指す姿とは。【大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り4201文字(全文4368文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです