競泳

ジャパンパラ競技大会 木村、アジア新でV 男子100バタ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)で優勝した木村=久保玲撮影
男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)で優勝した木村=久保玲撮影

 水泳のジャパンパラ競技大会は最終日の24日、横浜市の横浜国際プールで行われ、男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)は2016年リオデジャネイロ・パラリンピック銀メダリストの木村敬一(東京ガス)が、1分1秒35のアジア新記録で優勝した。

 男子100メートル自由形(知的障害)は中島啓智(あいおいニッセイ同和損害保険)が53秒99のアジア新記録で制した。男子50メートル平泳ぎ(運動機能障害SB3)は鈴木孝幸(ゴールドウイン)が49秒24で優勝。

 ジャカルタ・アジアパラ大会代表の一ノ瀬メイ(近大)は、女子100メートル自由形(運動機能障害S9)で1分8秒08の日本新記録で2位、女子100メートルバタフライ(同)は1分12秒28で2位に入った。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文664文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集