特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 大ガス、夏秋連覇挑む パナ最多出場更新 32チーム決定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社会人野球の単独チーム日本一と年間王座を争う第44回日本選手権は24日、北海道予選で室蘭シャークスが5大会ぶり4回目の出場を決め、出場32チームが出そろった。今年の都市対抗、全日本クラブ選手権、日本野球連盟(JABA)主要大会で優勝した10チームと、各地区予選を突破した22チームが出場権を得た。

 都市対抗で初優勝した大阪ガス(近畿・大阪)は6大会連続22回目の出場で、2015年の日本生命(同)以来となる史上4チーム目の「夏秋連覇」に挑む。前回王者のトヨタ自動車(東海・愛知)は15大会連続出場となり、第34、35回(07、08年)に続いて史上初の2度目の連覇を狙う。前回準優勝の日本生命は歴代2位の35回目の出場で、今夏に16年ぶりに都市対抗出場を逃した雪辱を期す。

 過去2回優勝のパナソニック(近畿・大阪)は24大会連続39回目の出場で、最長連続出場と最多出場回数をともに更新した。前回は初出場がなかったが、今大会は宮崎梅田学園(九州・宮崎)が都市対抗を含めて2大大会に初めて臨む。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1559文字)

次に読みたい

あわせて読みたい