メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 森保監督率いる新生日本代表のスタートとなったコスタリカ戦から感じたことは「鉄は熱いうちに打て」。若い選手の持つ大きな可能性に、改めて感心させられた。

 3-0の完勝で終わった試合に、森保監督は20歳の堂安(フローニンゲン)、23歳の南野(ザルツブルク)、24歳の中島(ポルティモネンセ)の3人を攻撃陣に起用した。

 堂安は柔らかなボールタッチによるドリブルと忠実な守備、南野は体の大きな外国人選手に正面からぶつかる…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文786文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです