特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

暴虐の傷痕

イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え

ISに拉致され、性被害を受けながらも長男サラル君(左)と長女サラちゃん(右手前)を守り抜いたヤジディー教徒のレイラさん=イラク・ドホーク県で8月23日
ISに拉致され、性被害を受けながらも長男サラル君(左)と長女サラちゃん(右手前)を守り抜いたヤジディー教徒のレイラさん=イラク・ドホーク県で8月23日

 <2018 世界子ども救援キャンペーン>

 空き地にブロックやビニールシートで作った小屋が点在し、ごみが散らばる。クルド自治区・ドホーク県の街に避難する少数派ヤジディー教徒、レイラ・タロ・ハデルさん(31)は「ここでの生活に未来はありません」とかぶりを振った。長男サラル君(6)と長女サラちゃん(5)を育てる母は、過激派組織「イスラム国」(IS)に拉致され、繰り返し性暴力を受けた。

 レイラさんの故郷は大勢のヤジディー教徒が暮らしていたシリア国境のシンジャル地方。2014年8月3日、ISが村々を急襲。レイラさんは幼子2人を抱えて車で逃げたが、銃を構えたひげ面の男たちに捕まった。約9カ月、IS支配地域の学校や刑務所を連れ回された。はぐれた夫マルワンさん(当時30歳)とはイスラムへの改宗という条件をのんで再会したが、ある日、ISは夫ら男性を集めて連れ去った。

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1410文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集