メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

現実踏まえ、広く協議を 「ルール廃止」でどうなる?三つの疑問

え・葛西りいち

 今回のテーマは「就活ルール廃止?」です。中西宏明・経団連会長が今月3日の定例記者会見で現行の就活ルール・時期について2021年卒(現在の大学2年生が対象)から見直す、とコメントしました。これに対し政府は、ルールの維持を要請する方針ですが現行の就活時期が変更になるかもしれない、ということで就活関連業界が慌ただしくなっています。今回は、就活ルールの廃止の是非や今後の見通しについて、多くの学生・関係者が持っているであろう疑問点を3点、まとめました。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文1990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. 観光業者への支援策導入へ GoTo札幌市一時停止で 追加経済対策に 西村担当相

  3. 大阪で新たに262人の感染確認 6日ぶりに300人を下回る 新型コロナ

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです