メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

現実踏まえ、広く協議を 「ルール廃止」でどうなる?三つの疑問

え・葛西りいち

 今回のテーマは「就活ルール廃止?」です。中西宏明・経団連会長が今月3日の定例記者会見で現行の就活ルール・時期について2021年卒(現在の大学2年生が対象)から見直す、とコメントしました。これに対し政府は、ルールの維持を要請する方針ですが現行の就活時期が変更になるかもしれない、ということで就活関連業界が慌ただしくなっています。今回は、就活ルールの廃止の是非や今後の見通しについて、多くの学生・関係者が持っているであろう疑問点を3点、まとめました。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文1990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです