メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピック最前線

勉強や仕事計画を可視化 手帳やカレンダーで管理

 勉強や仕事の計画を細かく管理し、可視化できる手帳やカレンダー、ルーズリーフが人気だ。写真共有アプリ「インスタグラム」への投稿を意識したデザインの商品もある。目標を達成するまで意欲を維持できるよう工夫が凝らされている。

 ▽意欲を維持

 雑貨専門店「ロフト」は8月下旬、東京で2019年の手帳のお披露目イベントを開いた。メーカー24社、約1000種類の手帳が並び、抽選で選ばれた約300人の参加者でにぎわった。

 人気だったのが、いろは出版(京都市)が今年3月に発売した手帳「スタディプランナー」(972円)だ。女性をターゲットに、デザインはインスタ映えするようピンクを基調とした。専用シールも作った。日や週、月ごとに計画を立て、勉強した履歴を残して可視化できる。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです