メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

企業誘致戦略見直しへ 地震と停電が影響

 北海道で最大震度7の揺れと前例のない道内全域での停電(ブラックアウト)を起こした6日の地震で、「災害リスクの低さ」を売りにして企業を誘致してきた道が誘致戦略の見直しを迫られている。転出を検討する企業の動きはないが、今後は災害を前提に「リスク分散先」として訴えることになりそうだ。

 道は2011年の東日本大震災後、国のデータに基づき震度6以上の地震発生率や台風接近、停電につながる落雷の少なさを前面に掲げ、国内外の企業を誘致してきた。15年度に初めて年間の誘致企業数が100件を超え、このうち災害リスク回避を理由とした道内進出は13年度から毎年20件を超えている。

 アクサ生命保険(東京都)は14年、首都直下地震も念頭に、東京からの距離や教育水準、自然災害数などを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです