メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器廃絶

吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

「日本は唯一の被爆国」と強調する吉永小百合さん=東京都千代田区で2018年9月24日、水本俊也さん撮影

 国連が定めた核兵器の全面的廃絶のための国際デー(26日)を前に、東京都千代田区の明治大駿河台キャンパスで24日開かれたイベントに、女優の吉永小百合さんがゲスト参加した。吉永さんは、昨年国連で採択された核兵器禁止条約について「日本にいる私たちの声を大きくして日本政府に届け、条約を批准することが大事」と訴え、約550人の参加者に「日本は唯一の被爆国。私の声は小さいけれど『みんなで考えましょうよ』と言いたいと切実に思っている」と呼びかけた。

 イベントは、核兵器廃絶日本NGO連絡会が主催し、国連広報センターが共催した「核兵器なき世界へ向けて…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです