メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器廃絶

吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

「日本は唯一の被爆国」と強調する吉永小百合さん=東京都千代田区で2018年9月24日、水本俊也さん撮影

 国連が定めた核兵器の全面的廃絶のための国際デー(26日)を前に、東京都千代田区の明治大駿河台キャンパスで24日開かれたイベントに、女優の吉永小百合さんがゲスト参加した。吉永さんは、昨年国連で採択された核兵器禁止条約について「日本にいる私たちの声を大きくして日本政府に届け、条約を批准することが大事」と訴え、約550人の参加者に「日本は唯一の被爆国。私の声は小さいけれど『みんなで考えましょうよ』と言いたいと切実に思っている」と呼びかけた。

 イベントは、核兵器廃絶日本NGO連絡会が主催し、国連広報センターが共催した「核兵器なき世界へ向けて 被爆国の役割を考える」。原爆詩の朗読を続けてきた吉永さんに、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲さんらが出席を打診し、吉永さんと川崎さんの対談の形で実現した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです