メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IPCC

20年後の気温、平均1.5度上昇 来月報告へ

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が来月開催する総会で、約20年後に世界の平均気温が産業革命前と比べ1.5度上昇し、海面上昇や北極海の氷が解けるなど環境への悪影響が深刻化するとの報告書をまとめることが、関係者への取材で判明した。現状のままでは上昇を2度未満に抑える温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の目標達成が困難な状況で、温室効果ガス排出削減の強化など早急な対策を各国に求める方針だ。

 総会は10月1~5日に韓国・仁川で開催し、最終日に地球温暖化予測の特別報告書を採択するため、各国と…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文835文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです