メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

本日より本大会エントリー受付開始! 『第1回全国高校eスポーツ選手権』 “BURNOUTSYNDROMES(バーンアウトシンドロームズ)”による本大会応援ソングの制作が決定!(2018/9/25)

本大会の応援ソングを担当する“BURNOUT SYNDROMES”

 株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)と株式会社サードウェーブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:尾崎健介)は、eスポーツを日本の新しい文化にすべく、本年12月より『全国高校eスポーツ選手権』を開催します。

     本大会に挑む高校生に向けて“BURNOUTSYNDROMES(バーンアウトシンドロームズ)”に応援ソングを制作いただくことになりました。

     大人気アニメ「ハイキュー!!」や「銀魂」の主題歌を担当し、高校生にも大人気の注目バンド。独特の歌声とメロディー、そしてなによりメッセージ性の強い歌詞が彼らの魅力です。

     メンバーの皆さんもゲームが大好きで、今回のタイアップを快く引き受けてくださいました。

     楽曲のお披露目は11月を予定しています。どんな曲が出来上がるのか、是非楽しみにお待ち下さい。

    “BURNOUTSYNDROMES”メンバーからのコメント

     今回esportsというワールドワイドな競技の日本の高校生大会、それも第一回の応援ソングを担当させて頂けること、とても光栄に思います。「マニアックな娯楽」として誕生し着々とそのプレイヤー人口を増やしてきた新興文化「ゲーム」。我々は平成四年生まれですが、物心ついた頃にはそれは既にコミュニケーションツールとして無くてはならないものでした。さらに時を経た2018年、現在の高校生の皆さんにとって「ゲーム」は、従来の娯楽や遊び場としての役割を超越した「スポーツ」という側面を担い始めているのでしょう。今回大学生プレイヤーの方々に取材する中でそういった「熱」を感じました。その「熱」を色々な世代、多様な価値観の人たちに伝えられるような、応援ソングにできればと思っています。何十年にも渡り進化していく「ゲーム」という文化の成長過程を目の当たりにするだけで無くこういった形で関わることができ、いちゲーム好きとして大変幸せです。プレイヤーの皆さんと共に、素敵な大会を作っていきたいと思います。宜しくお願いします。

    BURNOUTSYNDROMESVo.Gt熊谷和海

    ■BURNOUTSYNDROMES(バーンアウトシンドロームズ)

    Gt&Vo熊谷和海 (KazuumiKumagai)1992.5.20

    Ba&Cho石川大裕 (TaiyuIshikawa)1992.5.3

    Dr&Cho廣瀬拓哉 (TakuyaHirose)1993.3.14

    日本、大阪府出身。平均年齢25歳。

    2005年結成。日本語の響き、美しさを大切にした文學的な歌詞やヴォーカル、その世界を彩る緻密に計算されたアレンジが特徴で、文學ロックと称されている。2016年、ソニーミュージックレーベルズ(EPICレコードジャパン)よりメジャーデビュー。デビュー曲「FLYHIGH!!」は大人気アニメ「ハイキュー!!」のオープニングソングに抜擢され、iTunes等の配信サイトにおいてロックチャート1位を獲得。ROCKINJAPANFES.2018、SWEETLOVESHOWER2018など日本国内の大型フェスにも多数出演。来年2019年に開催予定のツアーもすでにソールドしている公演もあり、今最も勢いのある新進気鋭のバンドとして注目を集めている。 <公式サイト>http://burnoutsyndromes.com

    ■『第1回 全国高校eスポーツ選手権』概要

    開催目的:eスポーツを楽しむ高校生を応援し、新しい文化として発展させていくこと

    大会名称:第1回全国高校eスポーツ選手権

    主催:毎日新聞社

    共催:サードウェーブ

    開催時期:エントリー受付 2018年9月25日(火)~11月21日(水)

    オンライン予選 2018年12月23日(日)24日(月)25日(火)26日(水)

    オフライン決勝2019年3月23日(土)24日(日)

    決勝会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

    ※決勝大会出場チームの交通費・宿泊費は大会事務局が負担します。

    タイトル:『リーグ・オブ・レジェンド』部門(PC) 5対5

    『ロケットリーグ』部門(PC) 3対3

    ※同じ選手またはチームが2つの部門にエントリーすることも可能です。

    優勝賞品:『2泊3日の韓国eスポーツ体験旅行』に両部門の優勝チーム全員をご招待

    参加費用:無料

    参加資格:・日本在住の高校生、高等専門学校生(3年生まで)、定時制高校生、通信制高校生  ※日本在住の外国人留学生も参加可能

    対象年齢は満16歳~19歳(該当誕生日1999年4月2日~2003年4月1日)

    ・予選大会と決勝大会に参加できること

    ・同じ高校からチームを組んで参加できること

    ・その他、参加規約は大会公式サイトに掲載

    配信:予選・決勝共にライブ配信を実施します。配信先は後日発表します。

    公式サイト:https://www.ajhs-esports.jp/

    公式Twitter:https://twitter.com/MAINICHIesports

    ※発表内容は一部変更になる可能性もございます。

    本日よりエントリーを開始しました。たくさんのエントリーをお待ちしております。


    【株式会社毎日新聞社 概要】

    所在地:東京都千代田区

    代表者名:丸山昌宏

    創刊日:1872年2月21日

    事業内容:日刊新聞の発行、デジタルメディア事業の展開、文化事業の企画開催、その他各種の事業

    【株式会社サードウェーブ 概要】

    所在地:東京都千代田区

    代表者名:尾崎健介

    設立:1984年3月

    事業内容:ゲーミングPC ガレリアシリーズ、クリエイター向けPC レイトックなどの企画開発をし、小売事業「ドスパラ」「上海問屋」を運営

    法人向けにワークステーション、サーバー関連商品・サービスの販売

    ■お問い合わせ先

    <報道関係者様のお問い合わせ先>

    毎日新聞社社長室広報担当 kouhou@mainichi.co.jp

    <大会運営やエントリーに関するお問い合わせ先>

    お問い合わせフォーム:https://www.mainichi-ks.jp/form/ajhs-esports2018/

    <『eスポーツ部発足支援プログラム』に関するお問い合わせ先>

    株式会社サードウェーブお問い合わせフォーム:https://mdh.fm/e?kA402UUPiR

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

    4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです