SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『箸袋でジャパニーズ・チップ!』辰巳雄基・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

後片付けをする人へのありがとうのしるし

◆『箸袋でジャパニーズ・チップ! テーブルのうえで見つけたいろんな形』辰巳雄基・著(リトルモア/税別1600円)

 食卓上の真剣な遊び。割り箸を取り出した後の箸袋を折り畳み、立体物に変身させた「あれ」をなんと呼ぶか、そういえば考えたことがなかった。迂闊(うかつ)。

 細長い袋状の紙片が、折られて折られて、蟹(かに)になる。亀になる。星になる。愛嬌(あいきょう)のある、そんな「あれ」を「JAPANESE TIP」と名付けたのは、蒐集(しゅうしゅう)家の辰巳雄基さん。食べ飲み終えて、散らかったテーブルに残されたそれら立体物を、片付けを担当する人への「ありがとうのしるし」だと受けとめて、一昨年の春から昨夏まで、47都道府県を巡り、13000個以上のそのしるしを集めたのだそうだ。そのコレクションの一端が『箸袋でジャパニーズ…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文949文字)

あわせて読みたい

注目の特集