メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

会派代表選 メルケル氏側近が落選 政局流動化も

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相の国政会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は25日、会派代表選挙を行い、所属連邦議会(下院)議員による投票でカウダー代表に代わり、ブリンクハウス会派副代表を議員団トップに選出した。政権を13年間支えた保守派重鎮カウダー氏の敗北をDPA通信は「小さな革命」と報道。メルケル氏が急速に党内基盤を失っていることが顕在化した。

 ブリンクハウス氏は125票を獲得し、112票のカウダー氏を上回った。メルケル氏と最右翼の閣僚でCS…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです