メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

会派代表選 メルケル氏側近が落選 政局流動化も

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相の国政会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は25日、会派代表選挙を行い、所属連邦議会(下院)議員による投票でカウダー代表に代わり、ブリンクハウス会派副代表を議員団トップに選出した。政権を13年間支えた保守派重鎮カウダー氏の敗北をDPA通信は「小さな革命」と報道。メルケル氏が急速に党内基盤を失っていることが顕在化した。

 ブリンクハウス氏は125票を獲得し、112票のカウダー氏を上回った。メルケル氏と最右翼の閣僚でCS…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです