メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

会派代表選 メルケル氏側近が落選 政局流動化も

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相の国政会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は25日、会派代表選挙を行い、所属連邦議会(下院)議員による投票でカウダー代表に代わり、ブリンクハウス会派副代表を議員団トップに選出した。政権を13年間支えた保守派重鎮カウダー氏の敗北をDPA通信は「小さな革命」と報道。メルケル氏が急速に党内基盤を失っていることが顕在化した。

 ブリンクハウス氏は125票を獲得し、112票のカウダー氏を上回った。メルケル氏と最右翼の閣僚でCS…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです