メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

首相の「不都合な真実」=与良正男

 安倍晋三首相が連続3選された自民党総裁選で、あまり知られていない事実がある。

 総裁選に関するテレビ報道が総じて低視聴率だったことだ。安倍首相と石破茂元幹事長との討論が始まった途端にチャンネルを替えてしまう人も多かったという。

 視聴率は翌朝、分刻みで出てくるから、こうした傾向が分かる。高ければいいとは言わないが、世間の関心度を測る指標ではある。事実上の首相選びである総裁選への関心はお寒い限りだったのだ。

 興味を失わせた大きな理由は、新聞やテレビが総裁選告示前から安倍首相の圧倒的優位を伝えていたからだろう。私だって仕事でなければ、テレビのスイッチを切っていたかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです