メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インタビュー・最前線

塩野義製薬医薬研究本部 塩田武司本部長 「創薬」が成長の基本 10年で五つの新薬

インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」などについて語る塩野義製薬の塩田武司・医薬研究本部長=大阪府豊中市で、梅田麻衣子撮影

 新薬は発売までに、効き目や安全性など数々の評価基準をクリアする必要がある。そのため、成功例は、試した化合物約3万個のうちわずか1個とされる。今年で創業140年を迎えた塩野義製薬(本社・大阪市中央区)は新薬を世に送り続け、成長を続けている。同社医薬研究本部の塩田武司本部長(53)にその秘密や今後の課題を聞いた。【聞き手・釣田祐喜、写真・梅田麻衣子】

 --3年連続で増収となるなど、業績が順調です。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです