メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

塩野義製薬医薬研究本部 塩田武司本部長 「創薬」が成長の基本 10年で五つの新薬

インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」などについて語る塩野義製薬の塩田武司・医薬研究本部長=大阪府豊中市で、梅田麻衣子撮影

 新薬は発売までに、効き目や安全性など数々の評価基準をクリアする必要がある。そのため、成功例は、試した化合物約3万個のうちわずか1個とされる。今年で創業140年を迎えた塩野義製薬(本社・大阪市中央区)は新薬を世に送り続け、成長を続けている。同社医薬研究本部の塩田武司本部長(53)にその秘密や今後の課題を聞いた。【聞き手・釣田祐喜、写真・梅田麻衣子】

 --3年連続で増収となるなど、業績が順調です。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです