メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

塩野義製薬医薬研究本部 塩田武司本部長 「創薬」が成長の基本 10年で五つの新薬

インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」などについて語る塩野義製薬の塩田武司・医薬研究本部長=大阪府豊中市で、梅田麻衣子撮影

 新薬は発売までに、効き目や安全性など数々の評価基準をクリアする必要がある。そのため、成功例は、試した化合物約3万個のうちわずか1個とされる。今年で創業140年を迎えた塩野義製薬(本社・大阪市中央区)は新薬を世に送り続け、成長を続けている。同社医薬研究本部の塩田武司本部長(53)にその秘密や今後の課題を聞いた。【聞き手・釣田祐喜、写真・梅田麻衣子】

 --3年連続で増収となるなど、業績が順調です。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです