メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおもり人模様

県警機動隊長補佐・阿部裕警部(39) 故郷北海道で救助活動 /青森

 北海道胆振地方を震源とする最大震度7の地震で、県警の広域緊急援助隊として、最も被害の大きかった厚真町吉野地区で捜索活動にあたった。北海道恵庭市出身。「育ててくれた故郷に恩返しがしたい」。そんな思いを胸に、中隊長として隊員らに指示を出しながら人命救助に奔走した。

 高さ3メートルにまで土砂が積もり、家屋は軒並み土砂に押しつぶされていた。現地入りした8日早朝、目の前には信じがたい光景が広がっていた。「自分の故郷がこんな目に遭うなんて思ってもいなかった」。緊急援助隊はすぐに吉野地区の安否不明者のうち2世帯2人の捜索を始めた。

 作業は困難を極めた。重機で土を掘り起こすと、ベッドやタンス、茶わんなど、家人が使っていた生活用品が…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです