メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直撃いばらき

鹿行地域の一般ごみ処理計画混迷 決まらない予定地 住民の反発招く焼却炉建設 /茨城

 鹿行地域の一般ごみ処理計画が混迷している。潮来、行方、鉾田の3市が焼却炉の共同建設を目指してきたが、予定地がなかなか決まらないため、潮来と行方の両市が今夏、共同建設から離脱し、鹿嶋、神栖の両市が進める新施設の建設計画に加わる方針を示したためだ。各市の焼却炉が刻一刻と老朽化する一方、新施設完成への道筋は見えない。【根本太一】

 3市の焼却炉はそれぞれ、潮来1991年▽鉾田93年▽行方2000年に稼働開始した。焼却炉は25~3…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです