メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
個展

80歳目標に描いた59点 江南の栗木さん 犬山で来月 /愛知

 右半身不随で車椅子生活を続けながら好きな絵画に打ち込んでいる江南市山尻町の栗木基晴さんが、今年5月に80歳を迎えた。80歳を目標に制作してきた作品の数々を、18回目となる個展「山の絵画展」で展示する。個展は犬山市犬山の市立図書館2階展示室で10月10~14日に行われ、栗木さんは「今回は力が入った作品ばかり。目標がかない、まずはホッとしている」と開催を楽しみにしている。

 今回は新作57点と旧作2点を出展する。上高地から眺めた穂高や乗鞍、白馬などの山々を描いた。若い頃に…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. おっさんずラブ 田中圭&林遣都&吉田鋼太郎が「徹子の部屋」に 徹子のムチャぶりでラブバトル!?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです