メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「サマータイム」導入

遠藤利明氏

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの暑さ対策として、標準時を2時間早める「サマータイム(夏時間)」の導入が検討されている。自民党は27日、研究会の初会合を開くが、欧州連合(EU)で廃止の動きが出たり、睡眠や健康への懸念が広がったりするなど、議論の行方は混沌(こんとん)としている。

低炭素社会に有効かで判断 遠藤利明・元五輪担当相

 サマータイム制は、エネルギー消費を減らし、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出を抑制する「低炭素社会」実現に向けた取り組みの一環だ。2020年東京五輪・パラリンピックは、開催を通じてその後の日本をどう変えていくかというレガシー(遺産)が最も大事な成功の要件だと考えている。1964年の前回五輪では新幹線、高速道路などの「ハードレガシー」だった。これに対し、今回の低炭素社会は「ソフトレガシー」だ。

 温室効果ガス排出削減のためには、水素社会も重要な取り組みだ。東京電力福島第1原発事故の経験を踏まえ…

この記事は有料記事です。

残り4088文字(全文4510文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです