メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

シリアへミサイル供給 軍用機撃墜、イスラエルに報復

 【モスクワ大前仁】ショイグ露国防相は24日、ロシア軍機がシリア沖で誤射・撃墜された事件への対抗策として、2週間以内にシリアへ高性能地対空ミサイルシステム「S300」を供給すると発表した。ロシアはイスラエル軍が事件の誘因を作ったと非難し、S300の配備に反対してきたイスラエルへの報復措置に踏み切った格好だ。両国の関係悪化が避けられないとみられる。

 プーチン露大統領は24日、シリアのアサド大統領と電話協議し、ミサイル供給の方針を通達した。イスラエルのネタニヤフ首相とも電話協議に臨み、決定を通告。ネタニヤフ氏は地域情勢を悪化させると警告してきたという。米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も、S300の配備がシリア内戦の政治的解決を難しくさせるとして、ロシアに再考を求めた。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです