メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
おはなしめぐり

「童話作家のおかしな毎日」を出版 富安陽子さん(59) 日常から広がる物語を

 児童文学作家の富安陽子さん(59)が、子ども時代の思い出や日々の生活をつづったエッセー集「童話作家のおかしな毎日」(偕成社)を出版する。妖怪やキツネが登場する「和製ファンタジー」を生み出してきた富安さんに、創作への思いを聞いた。【聞き手・塩田彩】

 お話の楽しさを教えてくれたのは、幼いころに同居していた父方の祖母と伯母です。祖母は寝る前に必ず、怖い妖怪のお話を語ってくれました。伯母はちょっとした出来事から即興で不思議なお話を作っては聞かせてくれました。

 小学校に上がる直前、父の仕事で大阪へ引っ越しました。祖母と伯母と別れるのが悲しくて泣いている私に、…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1027文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです