メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

岬「巡礼」の旅 国土の形なぞる面白さ

「岬巡りは日本列島をなぞる作業。国土の端っこで頑張っている姿がいとおしい」。逗子湾に面する大崎を指さしながらそう話す大江高司さん=神奈川県逗子市で、上東麻子撮影

 人知れず風雪に耐え、荒波にあらがいながら頑張っている大地の先端、そんな岬がいとおしい--。「岬巡り」を続ける神奈川県逗子市の大江高司さん(78)は、全国約3800カ所を黙々とたどる孤高の旅人だ。

 岬との出合いは10代後半。福井県の名勝・東尋坊(とうじんぼう)を友人と訪ねた。瀬戸内育ちで、穏やかな海しか知らなかった大江さんは、激しくそそり立つ岩々が織りなす絶景に息をのんだ。「地面は、いつまでも続いているわけじゃない。ここで終わりなんだ」。海と自分たちが住む世界を隔てる境界の最前線で、踏ん張って大地を守りきっている姿にほれぼれとしたという。山口県宇部市から東京を船で旅した時に見た本州最南端の潮岬(和歌山県)も印象的だった。360度、飽き飽きするほど海しかなかった視界に突如現れたそれは、希望の大地のようにまばゆかった。

 こうして青年の心に刻み込まれた岬の魅力。出版社で編集者として働き始めてからは、出張の合間に少しずつ足を延ばすようになり、会社勤めを辞めた16年前からは、本格的に旅に出て「巡礼」するようになった。

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです