メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

フレイル 「要介護」直前、国も対策

 年を取ると、体を動かす機会や人付き合いが減って足腰が弱っていく。こうして体が衰えた状態は近年、「フレイル」と呼ばれます。政府は医療・介護費の抑制や労働力不足の解決も狙い、元気な高齢者を増やすためのフレイル対策を進めています。【原田啓之】

「3要素」不足でリスク 栄養、運動、社会参加

 フレイルは2014年に日本老年医学会が提唱した概念だ。加齢に伴って体力が徐々に落ち、体が不自由になる。要介護状態になる前の段階を、フレイルと位置付けた。

 当時学会の理事長だった大内尉義(やすよし)・虎の門病院長は「かつては『虚弱』や『老衰』と呼び、年のせいで仕方ないと諦めていた。医学の発展により、予防や治療ができるとの考えに変わった」と説明する。「健康に戻れる」というポジティブなイメージを持ってもらうために、英語の「フレイルティー(虚弱)」にちなんだ新たな用語を登場させたという。

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです