将棋

藤井聡太七段が新人王戦決勝へ 出場2年目で初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)は25日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第49期新人王戦準決勝で青嶋未来(みらい)五段(23)を114手で破り、初の決勝三番勝負進出を決めた。相手はプロ棋士養成機関の「奨励会」会員、出口若武(わかむ)三段(23)。出口が優勝すれば、都成(となり)竜馬(りゅ…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集