メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米欧

WTO改革で連携 補助金ルールの厳格化を提案

 【ニューヨーク清水憲司】日米欧の貿易担当相は25日、ニューヨークで会合を開き、世界貿易機関(WTO)改革を連携して推進する方針で一致した。第1弾として、補助金支出をWTOに通知するルールの厳格化を10月にも共同提案する。通知せずに自国企業への支援を続ける中国などに圧力をかける狙いがある。

 会合は世耕弘成経済産業相が議長を務め、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と欧州連合(EU)のマルムストローム欧州委員が出席した。

 日米欧は共同声明で、補助金などで国有企業を支援して規模を拡大させ、世界市場の席巻を目指す中国の産業…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです