メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山

遺族ら慰霊登山 噴火後初、山頂付近で冥福祈る

御嶽山山頂を目指して慰霊登山をする遺族ら=長野県木曽町で2018年9月26日午前8時6分、宮間俊樹撮影
御嶽山山頂に花束を持って向かう犠牲者の遺族ら=長野県木曽町で2018年9月26日午前8時6分、宮間俊樹撮影

 死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害から27日で4年となるのを前に、遺族らでつくる「山びこの会」は26日朝、慰霊登山をした。ふもとの長野県木曽町が午前10時半に登山道の規制を解除し、噴火後初めて遺族らが山頂付近に入り、犠牲者の冥福を祈った。

 木曽町は、噴火以降立ち入りを規制していた火口からの半径1キロ圏内のうち、一部の登山道についてシェルター設置など安全対策がおおよそ整ったと判断した。遺族や行方不明者の家族は午前10時半ごろから解除エリアに入り、山頂付近で噴火時刻の午前11時52分に合わせて黙とう。町は新たに建立した慰霊碑を除幕した。

 夫の泉水(いずみ)さん(当時59歳)を亡くした野口弘美さん(60)=長野県池田町=は山頂に立ち、「こんなところでたくさんの人が死んだと考えると悲しく、涙を流した。登ってくるまでの間にあの日の朝、送り出す時を思い出した」と語った。

 一般登山者も正午から解除エリアに立ち入りできるようになった。木曽町は解除エリアを除く1キロ圏内の立ち入り規制を続け、滞在は短時間にするよう呼びかける。また、山荘の営業終了などで登山者への注意喚起が難しくなるため、規制解除は10月8日正午まで。以降は1キロ圏内の立ち入りを規制する。

 長野県王滝村と岐阜県下呂市からの登山道は安全対策が進んでいないため規制が続く。【安元久美子、島袋太輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです