メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

シリアにミサイル供給 イスラエルに報復措置

 【モスクワ大前仁】ショイグ露国防相は24日、ロシア軍機がシリア沖で誤射・撃墜された事件への対抗策として、2週間以内にシリアへ高性能地対空ミサイルシステム「S300」を供給すると発表した。ロシアはイスラエル軍が事件の誘因を作ったと非難し、S300の配備に反対してきたイスラエルへの報復措置に踏み切った格好だ。両国の関係悪化が避けられないとみられる。

 プーチン露大統領は24日、シリアのアサド大統領と電話協議し、ミサイル供給の方針を通達した。イスラエルのネタニヤフ首相とも電話協議に臨み、決定を通告。ネタニヤフ氏は地域情勢を悪化させると警告してきたという。米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も、S300の配備がシリア内戦の政治的解決を難しくさせるとして、ロシアに再考を求めた。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです