メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ICC調査

ミャンマーと比が反発 ロヒンギャと麻薬巡り

 【バンコク西脇真一、ジャカルタ武内彩】ミャンマーとフィリピンが、国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)と対立している。ミャンマー国軍による少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」迫害とフィリピンの強権的な「麻薬撲滅戦争」を狙ってICCが予備調査を始めたからだ。対抗してフィリピンはICC脱退を表明している。

 国連人権理事会の調査団は今月18日、ミャンマー国軍をロヒンギャ迫害の「主犯」とする報告書を発表し、…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです