メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

継続決意、共同声明 米抜きで外相級会合

 トランプ米政権が離脱し崩壊の危機にあるイラン核合意の参加国による外相級会合が24日、ニューヨークで開かれ、合意の履行を継続する決意を示す共同声明を発表した。経済が混迷するイランは米国が再開した制裁の打撃を緩和する具体策を要求しており、参加国は石油輸出入を含めたイラン関連ビジネスを保護する措置を取る方針で合意した。対策の詳細については今後も協議を続けることになった。

 イラン当局者によると、イランは原油輸出先の確保に加え、外資がイラン事業を続けられる銀行決済のシステムを構築するよう、特に欧州各国に要求。だが制裁の厳格な履行を求める米国が圧力を強める中、欧州側が実効性のある措置を取るのは困難との見方も出ている。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです