メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

厚真など3町で応急仮設住宅着工

応急仮設住宅の建設作業が始まった北海道厚真町の表町公園サッカー場=北海道厚真町表町で2018年9月25日、昆野淳撮影

[PR]

 北海道は25日、6日の地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ3町で計130戸の応急仮設住宅の建設を始めた。地震後、仮設住宅が建設されるのは初めてで、10月末に全て完成する予定。入居可能な住宅は随時避難者に引き渡し、早期の生活再建を図る。

 今回着工したのは1期分。最も多い36戸が建設される厚真町の表町公園サッカー場では、午前9時半ごろから重機で芝生をはぎ取り、整地する作業が進められた。住宅の周囲は砕石敷きで、作業に2週間程度かかる見通し。

 東日本大震災時にも使用された軽量鉄骨製の平屋建てプレハブ住宅を厚真町に85戸、安平町に20戸、むかわ町に25戸建設する。冬場の天候が厳しい北海道向けに、玄関に雪や風を防ぐ風除室を設け、天井や床に断熱材を使い保温性を高める。道は各町の避難者に応じて第2期分の建設を検討中で、意向調査を進める。道住宅課の奈良華織主幹は「一日も早く安心した住まいを提供できるよう、工事を進めていきたい」と話した。【昆野淳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです