メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際映画祭

16作品選出 日本から2作品

記者会見に出席した(左から)湯浅政明アニメーション監督、阪本順治監督、同映画祭アンバサダーの松岡茉優さん、女優の岸井ゆきのさん、今泉力哉監督=東京都港区で2018年9月25日、小林祥晃撮影

 東京・六本木などで10月25日から開かれる「第31回東京国際映画祭」のコンペティション部門で、主要賞を競う16作品が25日、発表された。日本映画では阪本順治監督の「半世界」と今泉力哉監督の「愛がなんだ」の2作品が選ばれた。

 同部門は、主要賞を競う映画祭の中核部門。今年は109の国・地域から1829作品の応募があった。審査委員は、フィリピンの映画監督のブリランテ・メンドーサさん、女優の南果歩さんらが務める。

 「半世界」は主演の稲垣吾郎さんが炭焼き職人を演じるヒューマンドラマ。「愛がなんだ」は若者の不器用な…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです