メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際映画祭

16作品選出 日本から2作品

記者会見に出席した(左から)湯浅政明アニメーション監督、阪本順治監督、同映画祭アンバサダーの松岡茉優さん、女優の岸井ゆきのさん、今泉力哉監督=東京都港区で2018年9月25日、小林祥晃撮影

 東京・六本木などで10月25日から開かれる「第31回東京国際映画祭」のコンペティション部門で、主要賞を競う16作品が25日、発表された。日本映画では阪本順治監督の「半世界」と今泉力哉監督の「愛がなんだ」の2作品が選ばれた。

 同部門は、主要賞を競う映画祭の中核部門。今年は109の国・地域から1829作品の応募があった。審査委員は、フィリピンの映画監督のブリランテ・メンドーサさん、女優の南果歩さんらが務める。

 「半世界」は主演の稲垣吾郎さんが炭焼き職人を演じるヒューマンドラマ。「愛がなんだ」は若者の不器用な恋愛を描いた角田光代さんの小説が原作で、岸井ゆきのさん、成田凌さんらが出演する。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです