伊方再稼働許可

「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
四国電力伊方原発3号機の再稼働が認められ、記者会見をする河合弘之弁護士(右から2人目)ら=広島市中区で2018年9月25日、平川義之撮影
四国電力伊方原発3号機の再稼働が認められ、記者会見をする河合弘之弁護士(右から2人目)ら=広島市中区で2018年9月25日、平川義之撮影

 被爆地・広島が「歴史的転換点」と評価した決定は、わずか9カ月で覆された。昨年12月の広島高裁の仮処分決定を取り消し、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を認めた25日の異議審決定。破局的噴火のリスクは容認できるとする「社会通念」を理由に再稼働を認めた内容に、被爆者ら住民側は「(2011年の)東京電力福島第1原発事故を司法はもう忘れたのか。原発安全神話に逆戻りしている」と怒りや疑問の声を上げた。

 「この決定は歴史に断罪される」。決定が出た直後の25日午後1時半過ぎ、広島市中区の裁判所前で住民側の関係者が不当な決定と訴える垂れ幕を掲げると、集まった支援者から大きなため息が漏れた。噴火の正確な予測を前提にした原子力規制委の安全審査の手引書を「不合理」としながら破局的噴火の可能性について相応の根拠を示さなければ立地不適とはならないとする決定に、記者会見した住民側弁護団の河合弘之弁護士は「住民側…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1898文字)

あわせて読みたい

ニュース特集