大相撲

貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見を終え一礼する貴乃花親方=東京都港区で2018年9月25日午後6時28分、長谷川直亮撮影
記者会見を終え一礼する貴乃花親方=東京都港区で2018年9月25日午後6時28分、長谷川直亮撮影

 大相撲の貴乃花親方(46)は25日、東京都内で約1時間半にわたって記者会見し、引退届提出を決意した理由を語った。自身が行った内閣府への告発について、「事実無根と認めるよう、有形無形の圧力を受けてきた」と主張。それでも、「告発内容は真実だ」と繰り返した。「平成の大横綱」は、自らの信念を貫き通した末の決断だったことを強調したが、専門家からは突然の決断に戸惑いの声も聞かれた。【飯山太郎】

 貴乃花親方は3月の春場所直前、弟子の貴ノ岩が被害者となった元横綱・日馬富士の傷害事件への協会の対応に問題があったとして、協会を監督する内閣府の公益認定等委員会に告発した。その後、春場所中に弟子が付け人に暴力を振るったことを受けて告発は取り下げた。ただ、貴乃花親方は会見で協会の組織統治(ガバナンス)などを疑問視した告発内容は「真実」と強調。8月以降、書面でも告発内容は事実無根ではないと訴えたが、「…

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1590文字)

あわせて読みたい

ニュース特集