メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(9) ドクターヘリを空で撮る

千葉市の幕張地区上空を飛ぶ君津中央病院のドクターヘリ。時速250キロのスピードを生かし病院から北は市川市、南は館山市まで15分で医師や看護師を送り込める=本社ヘリから2008年12月24日、石井諭撮影

 多くの戦記で敵の戦闘機に弾を当てる場面が登場するが、実際にはかなり難しい技術という。空中戦同様に空に浮かぶものを空で捉えて撮影するのも結構難しい。

 2008年秋、西村に「ドクターヘリが飛ぶ姿をヘリから撮影してほしい」という依頼が舞い込んだ。依頼したのは当時成田支局長の黒川将光(筆者)だった。その年の夏、黒川はドクターヘリを運航する日本医大千葉北総病院(千葉県印西市)に約1カ月通い、その活動をルポした「ドクターヘリ・デイズ」という連載を毎日新聞千葉版に掲載していた。

 千葉県では、2009年1月から君津中央病院(千葉県木更津市)に県内2機目のドクターヘリが配置されることになっていた。「ドクターヘリ・デイズ」の取材中、千葉北総病院に君津中央病院の医師たちがフライトドクター研修にきており、その様子を連載の第2弾にしようと考えた。しかし、千葉支局デスクは、1月に就航するのなら元日に掲載する「新年企画」にするのがいいだろうと提案。黒川はその準備に入った。

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです