メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

物品協定、交渉入り合意 自動車追加関税は回避

日米首脳会談の席上、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から受け取った親書を安倍晋三首相(左)に見せるトランプ米大統領=ニューヨークで26日、ロイター

 【ニューヨーク中井正裕、高山祐】安倍晋三首相は26日(日本時間27日未明)、訪問先のニューヨークでトランプ米大統領と会談し、農産品や工業品の関税などを対象にする「日米物品貿易協定(TAG)」の締結に向けて、2国間交渉に入ることで合意した。両首脳は、米国が検討中の自動車・同部品に追加関税を課すなどの輸入制限について「交渉中は発動しない」ことでも一致した。

 安倍首相は会談後の記者会見で「双方の違いはお互いに尊重しながら、貿易を一層促進してウィンウィンの経…

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです