メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユーチューブ

親子向け講座、安全・楽しく動画作り 映像ディレクター・中山さん、子どもの「やりたい」応援 さいたま /埼玉

 さいたま市在住の映像ディレクター・中山望さん(36)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」の楽しみ方を学んでもらう、親子向けの講座を始めた。手軽に情報を発信できる一方、不用意な投稿がトラブルにつながるケースもあることから「動画制作を安全に楽しんでほしい」と話す。【内田幸一】

 ユーチューブは世界88カ国以上で配信され、10億人以上が利用。自作の動画を投稿し、再生回数に応じて広告収入を得る「ユーチューバー」と呼ばれる職業も生まれている。中山さんはNHKで番組ディレクターなどを務め、今は3人の子どもを育てながら、フリーランスで企業向けの動画制作や動画セミナーの講師をしている。

 講座を開くきっかけは、5歳の長男が「ユーチューバーになりたい」と話したこと。最初は知識がないまま投稿し、トラブルに巻き込まれないか不安もあったが、希望をかなえてあげたいと一緒に投稿を始めた。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです