メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井しあわせ元気国体’18

自転車 チームスプリント 男子、県勢初V 女子も準優勝 本格開幕に弾み /福井

男子チームスプリントで優勝し、号泣する市田龍生都選手(中央)。寺崎浩平(左)と岸田剛(右)の両選手も力の限りを尽くした=福井市明里町の福井競輪場で、塚本恒撮影

 福井国体は26日、自転車競技の男子チームスプリントに挑んだ福井代表(市田、岸田、寺崎組)が福井市明里町の福井競輪場で催された決勝で大分代表に競り勝ち今大会の県勢では初めての優勝を飾った。女子チームスプリントも準優勝の好成績を収め、29日の総合開会式で本格的に始まる大会に弾みをつけた。【塚本恒】

 昨年の愛媛国体で入賞を逃した男子代表の3人が、地元開催で栄冠をたぐり寄せた。

 1走の市田龍生都選手(科学技術高)は、会心のスタートで後続をけん引した。前日の予選でフライングを経…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです