メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんしんソックス

体のバランス、靴下で矯正 症例に合わせ左右各4種 整体院・木本さん親子開発 和歌山 /和歌山

「かんしんソックス」を持つ木本福一さん=和歌山市古屋の快養整体院で、後藤奈緒撮影

 和歌山市古屋で「快養整体院」を営む木本福一さん(68)、和秀さん(36)親子が、足腰の痛みや肩こりを抱える人たち向けの矯正用靴下「かんしんソックス」を開発した。靴下をはくことで両足首のねじれの角度をそろえて体のバランスを良くし、全身の負担軽減を目指す。左右の足では癖も異なることから、フィットしやすいよう4種類を開発し、特許も出願している。【後藤奈緒】

 福一さんによると、右足と左足では足首のねじれの角度が異なり、体のバランスが崩れてさまざまな部位に痛みが生じる場合があるという。開発した靴下は、足の特定の部位を引っ張ったり、圧力をかけたりして、両足のゆがみを修正し、体のバランスを整える。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです