特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

近畿・県2次予選 組み合わせ決まる 29日開幕 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年秋季近畿地区高校野球大会和歌山県2次予選の組み合わせ 拡大
2018年秋季近畿地区高校野球大会和歌山県2次予選の組み合わせ

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選(県高野連主催)の抽選会が26日、和歌山市の和歌山商高であり、出場8校の組み合わせが決まった。県下新人戦4強の南部、和歌山東、智弁和歌山、箕島と、県1次予選4強の桐蔭、田辺、日高、市和歌山が出場し、同市の県営紀三井寺球場で29日に開幕する。

 大会の上位3校は、10月20日から神戸市のほっともっとフィールド神戸で行われる秋季近畿地区大会に出場する。2府4県の16チームで争われ、センバツ出場校選考の重要な資料となる。

 今夏の甲子園に出場した智弁和歌山の黒川史陽主将(2年)は「1番で近畿大会に行くことだけを考えている。練習でやってきたことを出すだけだ」と意気込んだ。対戦相手となった桐蔭の楠木心太(しんた)主将(2年)は「チャレンジャーとして頑張り、1点でも多く取って勝ち抜きたい」と話した。【砂押健太】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい