メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂本龍馬の手紙

重文、展示取りやめに ケース内に有害物質 来月特別展はレプリカで 記念館 /高知

 展示ケース内の有害物質濃度が高かったとして、県立坂本龍馬記念館(高知市)は25日、10月からの特別展で京都国立博物館(京都市)から借り受ける予定だった坂本龍馬直筆の手紙の実物など重要文化財に指定されたものを含む資料31点の展示を取りやめると発表した。特別展自体は予定通り開催し、レプリカなどを展示する。

 重要文化財の展示には、資料を劣化させる有機酸やアルデヒド類などのケース内濃度が基準値以下の必要があ…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文412文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです