メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊前市立図書館

「読書の楽しみ届けたい」 高齢者や障害のある人に宅配サービス /福岡

 豊前市立図書館(釜井健次郎館長)が今年度から、図書館を訪れて本を選ぶことが難しい高齢者や障害のある人のために、希望する本を自宅に直接届けるサービスを始めた。利用する人たちは「大変、ありがたい」と喜ぶが、開始半年で利用者は4世帯8人とまだ少ない。釜井館長は「もっと多くの人に読書の楽しみを届けたい」と呼びかける。【津島史人】

 「いつもありがとう」。今月19日、豊前市宇島の元しんきゅう師、野上治宏さん(77)、初世さん(78)夫妻は、自宅で図書館の担当職員、大木優子さん(42)から音声を読み上げる「ディジー図書」を6冊渡され、笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです