メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓首脳会談

「慰安婦財団」で認識差 関係発展は確認

 【ソウル堀山明子】安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は25日にニューヨークで行われた首脳会談で、今年が1998年10月の日韓共同宣言から20周年にあたることを踏まえ、両国関係を発展させることを確認した。文氏の早期訪日についても協議。一方で、慰安婦問題に関する日韓合意(2015年12月)に基づき、日本政府が10億円を拠出し、韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」を巡る日韓の認識差が表面化した。

 文氏は会談で韓国内に財団解体を求める厳しい世論があることを説明。これを受け、韓国メディアは「解散を…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです