メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

国連演説 「多国間主義を拒絶」 「米国第一」加速

国連総会での演説で議場の失笑を買ったトランプ米大統領=ニューヨークの国連本部で2018年9月25日、ロイター

 【ニューヨーク会川晴之】トランプ米大統領は25日、ニューヨークの国連本部での一般討論演説で、「我々はグローバリズムを拒絶し、愛国主義に基づき行動する」と述べた。持論である「米国第一主義」をさらに加速し、国際協調に背を向ける姿勢を明確に打ち出した。欧州や中東の首脳からは「多国間主義の崩壊を受け入れてはならない」(マクロン仏大統領)など反発する声が上がっている。(8面に演説要旨)

 トランプ氏は演説で、米国が6月に脱退した国連人権理事会について「組織改革が行われるまで復帰しない」…

この記事は有料記事です。

残り1168文字(全文1408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです