メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/3 大阪・コリアタウン 差別、親しみ…社会の鏡 「在日の台所」文化発信の起点に

若者らでにぎわうコリアタウンを歩く洪貞淑さん。街の移り変わりを見てきた=大阪市生野区で、小松雄介撮影

友好ムード「韓流」生む

 「百済」の文字が刻まれた朝鮮半島風のアーチをくぐると、細い通りはたくさんの人でごった返していた。大阪市生野区のコリアタウン。通りの両側にはキムチや韓国料理の店、韓流ショップなどが並ぶ。約120ある店の経営者の多くを在日コリアンが占める。

 カフェ「流れる千年」もその一つ。韓国の伝統茶と本格的な料理を味わえる店は、日本人の女性客を中心に人気だ。経営する在日3世の洪貞淑(ホンジョンスク)さん(56)が実感を込めて言う。「今はどこの国かを理由に避ける時代じゃない。『おいしい』『きれい』。そんな五感で素直に楽しんでくれる」

 4人に1人が朝鮮半島にルーツを持つとされる生野区。その象徴であるコリアタウンは、社会の空気を映し出…

この記事は有料記事です。

残り2050文字(全文2371文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです