メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

歴史認識問題、なぜ再燃? 中韓経済成長で発言力 民間は交流進む=回答・金志尚

親しみを感じると答えた人の割合

 なるほドリ 平成に入って、日本と近隣諸国の関係のぎくしゃくが目立つようになった気がするね。

 記者 もともと日本と近隣諸国には、第二次世界大戦時を中心に歴史認識の違いという問題があったのですが、特に1990年代以降、度々それが政治問題化しました。背景には、韓国や中国が経済的に台頭し、国際社会で発言力を強めたことなどがあります。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです