メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスコミ倫理懇談会

信頼得る報道へ 300人集い議論

分科会「岐路に立つ実名報道」で基調講演する天野康代弁護士(右)と鈴木秀美慶応大教授=札幌市中央区で20日、青島顕撮影

 読者や視聴者の信頼を得る報道への道は--。全国の新聞、放送、通信、出版などの各社でつくるマスコミ倫理懇談会全国協議会の全国大会が20、21の両日、札幌市で「その伝え方、信頼されていますか」をメインテーマに開かれた。編集幹部や記者ら約300人が実名報道、災害報道、ネットとの向き合い方を含む七つの分科会を通じてマスメディアの課題や将来像を話し合った。

この記事は有料記事です。

残り2604文字(全文2779文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです