メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐ「戦後ドイツ」

/2 価値観共有「例外」が台頭 国際協調より利益追求

「ドイツのための選択肢」(AfD)のアレクサンダー・ガウラント党首=ベルリンで2018年4月12日、メルリン・ズグエ撮影

 「価値観に基づいて、次期米大統領に協力関係を提案したい」。2016年11月、当時共和党候補だったトランプ氏が米大統領選で当選すると、メルケル独首相は祝意の中で「価値観」の重要性を強調した。「最重要パートナー」である米国大統領にわざわざそうクギを刺したのは、右派ポピュリズム(大衆迎合主義)に脅威を感じていることの表れだ。

 メルケル氏は祝意の中で、ドイツが考える欧米共有の価値観をこう説明した。「民主主義。自由。出身地や肌…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1148文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです