メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/6止 金融全体の把握必須 日本取引所自主規制法人理事長・佐藤隆文氏

佐藤隆文氏=古屋敷尚子撮影

日本取引所自主規制法人理事長・佐藤隆文氏(68)

 --金融庁は、危機にどのように備えていたのですか。

 ◆米国でサブプライム(低所得者向け)住宅ローン問題が顕在化し始めた2007年7月ごろから調査を始めた。(不動産債権などを担保に発行する)証券化商品が次々と転売される問題点を研究し、日本の金融機関の保有状況を調べ、損失規模や自己資本で吸収できるかなどをシミュレーションしていた。

 --リーマン・ブラザーズ破綻後、国内でも株価急落や社債市場の取引急減など、混乱が起きました。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです