メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/6止 金融全体の把握必須 日本取引所自主規制法人理事長・佐藤隆文氏

佐藤隆文氏=古屋敷尚子撮影

日本取引所自主規制法人理事長・佐藤隆文氏(68)

 --金融庁は、危機にどのように備えていたのですか。

 ◆米国でサブプライム(低所得者向け)住宅ローン問題が顕在化し始めた2007年7月ごろから調査を始めた。(不動産債権などを担保に発行する)証券化商品が次々と転売される問題点を研究し、日本の金融機関の保有状況を調べ、損失規模や自己資本で吸収できるかなどをシミュレーションしていた。

 --リーマン・ブラザーズ破綻後、国内でも株価急落や社債市場の取引急減など、混乱が起きました。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです